メイン | 三洋信販 »

翻訳の種類

「日本の語学教育界の再構築と翻訳業界の整備」を基本理念とする、DHC教育事業部。

翻訳・通訳事業部で培った経験豊かなノウハウをもとにDHC独自の学習メソッドを開発。

翻訳といってもいろいろありますが、大きく分けると産業翻訳、出版翻訳、映像翻訳に分類できます。

市場規模でかんがえると、やはり産業翻訳の需要が多いでしょう。

コンピュータ、メディカル、特許といった分野は、なかでも依頼の多い分野だと言われております。

専門性が高い分野では需要が多いのは、翻訳の世界でも同じですね。

人間の「記憶のメカニズム」を科学的に分析し、『聞く→イメージする』という反復トレーニングをするというシステムがあります。

翻訳というよりは、TOEICを比較的短期間でアップするというのが目標のようです。
翻訳家を目指す方は、どの分野に参入するかを決めて学習するのが良いでしょう。

但し、外国語能力はもちろん、その分野の専門知識に加え日本語の文章力も身につけることが必要です。

通信講座を受講されて、そのまま関連企業の翻訳・通訳事業部などで翻訳家として活躍できるチャンスもあります。

翻訳を依頼される方は、その分野について専門知識のある翻訳家に依頼することで、より品質の高い成果を得られます。

翻訳家になるための特別なライセンスは必要としていないので、個人差による品質差は否めません。

また、英語が楽しく短期間で覚えられるよう、名優や人気作、大学教授たちの英知や才能を結集して作り上げた教育システムに、イングリッシュアドベンチャーがあります。

シドニィ・シェルダンが書き下ろした不思議なストーリーを用いての英会話学習。

ユーキャンにもいろいろな英語講座がありますね。

いろいろな学習方法がある中、小学生の英語教育が取りだたされ、審議を継続しているようですが、今後どうなるのでしょう。。。

<話題の脳内システム>

脳を占うシステム、脳内メーカーで気になる脳を分析。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.charleys.jp/sys/mt-tb.cgi/1

About

2007年08月07日 15:12に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「三洋信販」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35